LDLコレステロールと中性脂肪の関係性

LDLコレステロールとは悪玉コレステロールを指し、また中性脂肪と関わりの深い存在でもあります。どちらも脂質異常症の条件であり、上昇を極力抑えなければなりません。そこで、LDLコレステロールと中性脂肪の関係性について紹介します。

どちらも脳梗塞など重い症状の原因になる数値ですが、どちらも同じような対策を施すことで一緒に下げることは可能です。例えば、青魚を食卓に並べることは非常に効果的で、DHAとEPAがその役割を果たします。

サプリメントとしても人気の高い成分2つですが、もちろん食事から摂取しても構いません。
ただしいくつか注意点があり、まずEPAは酸化しやすいため新鮮さが重要です。なるべくお刺身などでいただき、脂分の高くない魚を選びましょう。同じ魚でも、脂質や新鮮さで大きく役割が異なるのです。

また、LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれることもあり、百害あって一利なしとイメージしがちですがそうではありません。
LDLコレステロールも役割があり、体全体に必要なコレステロールを届ける効果が見込めます。そのため、全く摂取しないのではなくあくまでバランスよく食事を摂ることを心がけましょう。

コレステロールが下がりすぎてしまうと、体にダルさを感じて思うように動けなくなります。

食事療法以外にも、運動による脂質異常症改善も重要です。特に有酸素運動は中性脂肪を下げる効果が見込め、脂質異常症の改善にうってつけです。適度に負荷をかけた有酸素運動はストレス解消にもなりますし、脂質異常症以前に生活に取り入れたいところです。

LDLコレステロールも中性脂肪も、過剰摂取と不足両方とも避けなければいけません。適度な状態を保つことで、生活習慣病を防ぎダルさのない体を作り上げることが大切なのです。健康診断を受けると、おそらくこの両方の数値について確認できるはずです。その際にどれだけ水準から離れているのかを把握して、必要な対策を講じましょう。

関連記事

NO IMAGE

ウォーキングだけじゃつまらない!中性脂肪を下げる運動いろいろ

NO IMAGE

欧米からわかる日本食の良さ

NO IMAGE

こんなことが?!中性脂肪の大敵となる生活習慣とは

NO IMAGE

これで改善!中性脂肪の値を下げる3つの方法