中性脂肪とアルコールの関連性について

中性脂肪が気になる人は、アルコールの取りすぎが原因になっているということは知っているかもしれません。
アルコールを摂取するとどうして、中性脂肪が増えるのでしょうか。
中性脂肪を増やさないためのアルコール摂取方法はないでしょうか?

アルコールで中性脂肪が増える

お酒をたしなむ人の中には中性脂肪の値が高いという人は少なくありません。
アルコールの中にはカロリーが高いものもありますので、それによって中性脂肪が増えてしまう、と思っている人もいるでしょう。
しかし、アルコール摂取によって中性脂肪が増えるのはカロリーだけの問題ではないようです。

アルコールそのものが中性脂肪を増やす

お酒が好きな人には残念なお知らせですが、アルコールを飲むことによって中性脂肪が増えるのは、アルコールそのものが原因になっているためです。
これがもし、アルコールに含まれるカロリーや糖分が問題なのであれば、糖分カット、カロリーオフのアルコールを利用すればいいということになります。
しかし、残念ながらアルコールで中性脂肪が増えるのは、アルコール自体に原因があります。

アルコール代謝で作られる脂肪

アルコールは体に吸収されると肝臓で分解処理されます。
その際に生まれるのが、「脂肪酸」です。
これが中性脂肪そのものなんです。
ですので、アルコールはどんなお酒であったとしても飲めば飲むほど脂肪がたまっていくことになります。

おつまみが中性脂肪になることも

また、同時にアルコールを好む人は、脂っこいものや味付けの濃いものをおつまみとして好む傾向があります。
これらも当然中性脂肪を増やす原因となることは理解しておきたいですね。

アルコール摂取量を減らす

とにかく、アルコールそのものが中性脂肪を増やす原因となっています。
ですので、アルコールの摂取量を減らすしかありません。
普段毎日晩酌する人は、毎日少しずつでもアルコール摂取量を減らせないか考えてみてください。

関連記事

NO IMAGE

ウォーキングだけじゃつまらない!中性脂肪を下げる運動いろいろ

NO IMAGE

これで改善!中性脂肪の値を下げる3つの方法

NO IMAGE

こんなことが?!中性脂肪の大敵となる生活習慣とは

NO IMAGE

LDLコレステロールと中性脂肪の関係性

NO IMAGE

欧米からわかる日本食の良さ